相続のご相談は、浜松相続サポートセンターへ

相続人調査と財産調査

相続人の調査財産の調査は、とても複雑で
失敗が許されないので、自分一人でできるものではありません。

どのような調査かという点を以下にまとめましたので、どうぞ、ご参考になさって下さい。


誰が相続人になるのか理解していますか?
あとになって、「この人も相続人だった。」「私にも財産を受け取る権利があります。」と分かった段階で、振り出しに戻ってしまいます。

調査のためには、亡くなった方の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等を出生から死亡まですべて取得する必要があります。
この調査を怠ると、思いのほか長期間に渡ったり、親族が修復不可能なまでに争ったりしますので、しっかりと調査する必要があります。

 
》詳しくはこちら



誰が相続人になるのかは、民法によって定められています。
ですが、法定相続はとてもトラブルが起こりやすい決まりです。

お客様からよくいただくご質問をまとめましたので、ぜひご参考ください。
 
》詳しくはこちら



もう、財産の調査はお済みでしょうか?
相続できる財産は、現金や不動産などのうれしいものばかりではありません。

借金や負債、連帯責任などの「もらってマイナスになる財産」もあります。
 》詳しくはこちら



不動産や預貯金を直接相続していなくても、間接的に財産を取得したときは、実質的に「相続した」とみなされるものをいいます。
そして、課税の対象ともなります。

どのような財産が対象とみなされ、どのような財産はみなされないのかをしっかりと確認しましょう。
 
》詳しくはこちら


また、わからない点、ご相談がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
当サポートセンターの電話:0120-46-0276
平日8:30~18:00まで受け付けております。


無料相談・お問い合わせはこちらをクリックしてください

無料相談・お問合せはこちらをクリックして下さい
 

サポートセンターの詳しい情報はこちら

事務所の詳しい情報はこちら

事務所紹介

アクセスマップ

プライバシーポリシー

無料相談会実施中!

相続まるかわりガイド

トップページへ戻る


是非、私たちの事務所をもっと詳しく知ってください。
きっと皆さんのお役に立たせていただきます。