相続のご相談は、浜松相続サポートセンターへ

相続税


多くの方が、ご自身に対しても相続税が発生するのではないかと心配されております。
しかし、日本全国における相続税申告件数は統計的には年間約45,000件と、大半の方は対象外となり税金は発生いたしません。

一方で課税される方もいるわけですが、全国の税理士事務所は32,000事務所前後であることを考えると、年間1事務所平均の申告件数は1.5件程度ということになります。

つまり、統計的に見ても、税理士でもほとんど携わらないという事実なのです。

あとでも詳しくご説明いたしますが、相続税がかかるかかからないかに最も影響を与えるのは財産の評価です。
財産の評価は豊富な知識と経験が求められる専門家でも非常に難しい業務です。

ですから、ご自身が該当しそうだなと思われたら、相続税に詳しく、経験も豊富な税理士事務所に相談することが肝心です。


相続税とは

相続や遺贈によって財産を得る際、一定以上の財産がある場合に、財産を受け取る遺族に税金が課せられます。

どのようなものに税金が課せられるのか、また基礎控除などもありますので、まずはどのようなものなのかを理解しましょう。

 
》詳しくはこちら



財産の評価

ある一定以上の財産を得るときに、国から課せられる税金のことです。

では、課税される金額がどのように算出されるのか、
いったいいくらの課税がされるのかを把握しましょう。
 
》詳しくはこちら



相続税対策の3つの視点

対策はとしては、大きく3つあります。

・納税対策:どのように税金を納めるか
⇒大きくわけて「贈与を活用する」と「財産評価を下げる」の2通りがあります。

・節税対策:どのように節税するか
財源対策(納税資金の確保)も重要な対策のひとつです。

・分割対策:どのように分割すればもめないか
⇒少なからずいざこざが発生します。また、家族間の関係性が悪くなってしまったというケースも少なくありません。

いずれも、とても大切な対策となりますので、一度確認しておくとよいでしょう。
 
》詳しくはこちら



申告・納付

税の申告は、10ヶ月以内に被相続人の死亡時の住所を所轄する税務署に申告書提出しなければなりません。

ここでは、申告の期限内に遺産分割ができていないケース、申告した税額が実際より少なかったケースなど様々なケースのご紹介もしています。

 》詳しくはこちら



申告に必要な書類

申告に必要となる書類は、相続する財産によって様々異なります。
どのような書類が必要になるのかを確認ししてください。
 
》詳しくはこちら


延納と物納

税の納付に関しては、現金で一括して納付することが原則になっています。

しかし相続する財産が大きければ、その分多く課税されることになりますので、多額の税金が支払えない場合は、早めに延納または物納といった方法で納めることも認められています。

延納と物納それぞれ手続きにはどのような条件があるのかを確認してください。

 》詳しくはこちら



当事務所の相続税申告サポートメニュー

gyousei.PNG souzokuninchosa.PNG
zaisanchosa.PNG zaisanhyoka.PNG
isanbunkatsu.PNG

zeiseikaisei2.PNG 

 

申告・納付

税の申告は、10ヶ月以内に被相続人の死亡時の住所を所轄する税務署に申告書提出しなければなりません。

ここでは、申告の期限内に遺産分割ができていないケース、申告した税額が実際より少なかったケースなど様々なケースのご紹介もしています。

 》詳しくはこちら



申告に必要な書類

申告に必要となる書類は、相続する財産によって様々異なります。
どのような書類が必要になるのかを確認ししてください。
 
》詳しくはこちら


延納と物納

税の納付に関しては、現金で一括して納付することが原則になっています。

しかし相続する財産が大きければ、その分多く課税されることになりますので、多額の税金が支払えない場合は、早めに延納または物納といった方法で納めることも認められています。

延納と物納それぞれ手続きにはどのような条件があるのかを確認してください。

 》詳しくはこちら


無料相談・お問い合わせはこちらをクリックしてください

無料相談・お問合せはこちらをクリックして下さい
 

サポートセンターの詳しい情報はこちら

事務所の詳しい情報はこちら

事務所紹介

アクセスマップ

プライバシーポリシー

無料相談会実施中!

相続まるかわりガイド

トップページへ戻る


是非、私たちの事務所をもっと詳しく知ってください。
きっと皆さんのお役に立たせていただきます。