相続専用ご予約ダイヤル  0120-46-0276(平日 8:30-18:00))メールはこちら

生前対策を考えている方

image

生前対策に必要な3つのこと

相続対策には
1. 争族対策(揉めない対策)
2. 相続税対策(相続税額を下げる)
3. 納税資金対策
の3つがあります。
どれも直前になりますとできることが限られてしまいますので、早めに着手したいものです。

image

相続税を試算してみましょう

相続税は、相続人の誰もが掛かるものではなく、相続財産の課税価格が基礎控除額を超えた方にのみに掛かる税金です。 まずは、相続税簡易試算サービスで相続税が掛かるのか掛からないのかを試算しましょう

相続財産の評価を下げる

相続税は累進課税のため、課税価額が高くなればなるほど税率も高くなり、相続税額も上がります。そのため、相続税額を下げる一つのっ方法は「相続財産の評価額を下げる」ことです。
そこで、相続財産の評価を下げる代表的な方法を挙げさせていただきます。

image

生前贈与を行う

生前贈与とは、生きている間に財産を配偶者や子、孫などに贈与することで、死亡してから財産を承継することを相続とは異なります。 生前贈与には相続税相続財産を減らすことによる節税効果以外にも、多くのメリットがありますので、早めに検討するようにしましょう。

image

遺言書を書く

相続の際にもめるケースがあることは多くの皆様もご存知のことと思いますが、生前に遺言書を書くことで、かなりの割合でトラブルを未然に防ぐことができます。 そこで遺言書について解説したいと思います。

家族信託

家族信託とは、将来、認知症等で判断能力が不十分となるリスクを考慮し、事前に自分の財産を管理してくれる人(受託者)を選任しておくことで、財産権は自分(委託者)で保有しながら、認知症等になった場合には受託者が管理処分できる制度です。